ものづくり JAPAN MADE

日本の伝統技術からうまれた
02img
1300年もの歴史を有する美濃焼。美濃地区では、美濃焼の原料となる、良質な粘土の産地としても知られています。
エッグタイルバスマット“UFUFU”に使用されるタイルは、100 年を超える歴史ある工場で、厳格な管理の下製品化されます。
そして、日本美の象徴としても知られる美濃焼の伝統を受け継ぎ、卵殻とのコラボレーションで、機能性タイルのインテリア材として産まれました。

生産者の顔が見えるものづくり
03img
エッグタイルバスマットのベースとなる「杉材」は、紀伊半島南部の山々の山林家との連携のもと、植林から育林、伐採、製材、加工までの一貫生産体制から生み出されています。そして1本1本厳しく品質をチェックして、合格した最高の品質の材料のみを使用します。「生産者の顔が見えるモノづくり」も、わたしたちが大切にしている「学んで考える商品開発」です。